自宅でワインを楽しもう! ワインに合う家庭料理【鮭のムニエル】

【最終更新日】2022年11月10日

スパゲティミートボールに引き続き、ワインに合う家庭料理その②は、鮭のムニエルです。

いつも家で食べている家庭料理も合うけど、ちょっと雰囲気を変えてみたい、やはりワインには洋風な料理を合わせてみたい…。

そんなワイン愛好家中級者のみなさんに、ぜひトライしていただきたいお勧めメニューです。

今年は秋鮭が豊漁とのことですので、今夜のメニューにいかがでしょうか?

 

スパゲティミートボールはこちらをご覧ください】

 

白ワインに合う!ご家庭で簡単にできる鮭のムニエル

鮭のムニエルの作り方

ムニエル(meunière)なんてお洒落な響きですが、ムニエルとは食材に小麦粉をまぶしてバターで焼いた料理のことで、要は“粉をまぶした鮭のフライパン焼き”を意味するフランス語です。

フランスでは非常に一般的な調理法で、鮭やマスなどのムニエルはスーパーの冷凍食品コーナーでも見かけることが出来る人気メニューです。

シンプルな材料で、凝ったソースを作る必要もなければ、付け合わせは冷凍のミックスベジタブルなどがあれば映える、ワインにもピッタリのムニエル、ぜひお試し下さい!

 

鮭のムニエル 材料(2人分)

鮭の切り身 2切れ

薄力粉 少々

塩コショウ 少々

オリーブオイル 少々

無塩バター 40グラム

白ワイン 50㏄

レモン汁 4分の1個分

レモンスライス 飾り用

パセリ (乾燥でも生でも)

 

材料はたったこれだけ。

出来立ての熱々をお楽しみいただきたいので、付け合わせの野菜やパン、ライスなどが必要であれば、先に準備しておきましょう。

 

まずは鮭の切り身全面に塩コショウを振り、薄力粉をまぶします。

焼き色が均一につくように、出来れば茶こしなどを使って薄力粉を薄く、均一にまぶします。

味の濃いソースなどを使わない料理なので、塩は少々多めに振りましょう。

 

 

フライパンを中火で熱し、オリーブオイルを適量注ぎます。

バターのみで焼くのが本格派ですが、バターは焦げやすく、長く加熱すると色も香りも悪くなりますので、まずはオリーブオイルで鮭に火を通します。

 

 

鮭の皮目を下にして焼きます。皮がない切り身の場合は、盛り付ける際に上になる面から先に焼きます。

心地よいシュワシュワという音が聞こえる程度の中火で、皮に焼き目を付けます。

 

鮭の厚みの3分の1ほどまで火が通り、皮に焼き目がついたら上下を返します。

同様に厚みの3分の1まで火を通し、表面に焼き色を付けます。切り身が厚い場合には、側面も軽く焼いてうま味を閉じ込めましょう。

 

 

すべての面に焼き色がついたら、バターと白ワインを加え、蓋をして30秒から1分ほど蒸らします。

鮭は火を通し過ぎると食感がパサつきますので、ここで蒸らし過ぎないようにしましょう。

 

蓋を開けたらレモン汁を加え、煮汁をスプーンですくって鮭全体にかけ、鮭全体にバターの香りをなじませます。

 

これで出来上がりです。

皿に盛り付けたら、煮汁もまんべんなくかけましょう。お好みでレモンスライスやパセリを添えてもいいですね。

 

 

樽熟成の白ワインと一緒に

今日は私の大好きな、樽熟成の白ワインと共にいただきます!

このワインのために、鮭を焼いたようなものです。(ワイン好きあるあるですね。)

 

グラスに注ぐと、黄金色に輝くワイン。

この輝きを見ると、どんなに風味豊かな白ワインなのだろう、早く料理と共に試してみたい!とワクワクします。

 

 

オリーブオイルやバターを含んだ鮭の身はふっくらしており、塩気やレモンの酸味を心地よく感じます。

ワインは爽やかで鮭の脂を上手く洗い流してくれますが、同時に熟成ワインのコクが、鮭の脂分と非常によくマッチしています。

そして鮭の脂の香りがワインのフルーティさや苦みを引き出し、ワインをより味わい深く感じることができます。

 

鮭の皮はパリパリ、塩気を強く感じられてまるでおつまみ!

私は鮭の皮は最後まで取っておいてから食べる派ですが、皆さんはいかがでしょうか?

 

今回はオリーブオイルと塩コショウのみで炒めた野菜と、エアーフライヤーで揚げたポテトを添えました。

お忙しい場合はお好きな冷凍野菜を茹でたものでも大丈夫です。

家での食事はやっぱりご飯!というご飯派の方には、温かいご飯に有塩バターとガーリックパウダー、乾燥パセリを混ぜたバターライスなどもお勧めです。

 

今回のように白ワインを合わせるのが定番のマリアージュと思えますが、脂気や塩気の強いムニエルのような料理には、ピノノワールなど軽めの赤ワインもお勧めです。

ムニエルのバリエーションには、ソースにおろしにんにくや醬油を加えるレシピもあります。

その場合には、ぜひピノノワールを合わせたいですね。

 

マリアージュについてはこちらをご覧ください】

 

薄めの鮭を使えばフライパンで数分焼くだけ、の気軽な時短メニュー。

秋鮭は身が引き締まっているため、油を多めに使うムニエルやフライに向いているそうです。

鮭以外にも、マスや鱈などもムニエルに向いています。この機会に、ぜひおウチワインの定番のお供にしてみませんか?

ワインブックススクールのご案内


ワインブックススクール(WBS)は、
ユーチューブのワインジャンル最大級のチャンネル”ワインブックス”が運営するワインスクールです。

月額2200円のみで、いつでも、だれでも、どこでも最高のワインコンテンツがご利用いただけます。

・ソムリエ/ワインエキスパート試験の対策として

・エキスパート試験の対策として

・ワインライフの質的向上

・ビジネスにワインを生かしたい

多くの方に、これら最大の効果をご提供しています。

10日間の無料体験期間がありますので、まずは無料登録をして、スクールを覗いてみてください。

WBSのソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座を見る